ヘリオケアの海外正規品を通販するには?

ヘリオケアの海外正規品を通販するには?

海外正規品なら有効成分480mg配合の正規品が人気

「ヘリオケアを通販したいけどネットだと買えない?」
という疑問があるかもしれませんが、一応、ヘリオケアならアマゾンなどを経由して購入する事も可能です。

でも、よく見てみると「海外直送品」と書かれていると思います。
結局、アマゾンで見かけるヘリオケアも海外から個人輸入という形で入手するのと代わりありません。

また、日本正規品と書かれているヘリオケアは、成分配合量が海外正規品の半分の240mg(ひと粒あたり)という事が確認できると思います。
量を抑えて、日本人向けに他の成分など配合量を変えて作られています。

日本人向けというのは安心ですが、ネックなのが価格。
その上で、価格も海外正規品の2倍近くしますので、やはり、配合量が多くて価格が安い海外正規品の方が人気です。

では、どこから購入できるのでしょうか?

ヘリオケアの海外正規品は、個人輸入で購入可能です。
通販と個人輸入の違いは、海外発送なので少し時間がかかる程度です。それでも、1週間かからないで届く事が大半なので、そんなに待つこともありません。

塗るのではなく飲めるというインパクト

ヘリオケアは、スペインのI.F.Cantabriaという製薬会社から販売されている経口タイプの日焼け止めとして、これまでに無い発想の日焼け対策の方法が日本でも話題となっています。実際に利用者も年々増加傾向のようです。

しかし、日本でも日焼け止めは、たくさんのメーカーから数えきれないくらい販売されていますが、なぜこのヘリオケアが、これまでに無く人気なのか?

それは、よくある塗るタイプ(クリーム状)ではなく、錠剤タイプの日焼け止めだからという点もそうですが、成分の効き目も関係しているのではないでしょうか。

まず、飲む日焼け止めという言葉のインパクトも強いですが、それを初めて聞いたときには、「あの塗るタイプの日焼け止めを飲んで良いの?!!」と驚きと疑問を感じた人も多いと思います。

でも、それだけのインパクトがある発想です。
同時に、「もしもそれで日焼け対策が出来るなら欲しい!」という声も多いようにも思います。その位、塗るタイプの従来の日焼け止めは、色々と不都合がつきもの。

そして、実際の効き目と安全性。
有効成分フェーンブロックは、天然シダ由来の特許成分で紫外線による活性酸素から細胞を守る働きがあり、その上で、副作用の心配も無いこと。

これらがマッチした結果、ヘリオケアが人気となっているのではないでしょうか。

有効成分にはどんな働きがある?

実際のところ、どのような形で日焼けを止めてくれるのでしょう?

従来の塗るタイプの日焼け止めのイメージが強い場合は、ちょっと想像しずらいかもしれません。それは、中央アメリカに生息するシダ植物の一種”Polypodium leucotomos”のエキスに含まれる、フェーンブロックという植物由来成分の働きによるものです。

これが、紫外線によって生じた活性酸素から細胞を守ってくれます。

そもそも、日焼けによるダメージと言えば、紫外線によって発生する活性酵素が原因の、肌のシミやシワ、乾燥などが主ですが、フェーンブロックはその活性酵素を破壊してくれる働きがあります。

実際、効果は確かなものらしく、中々すぐには分かりませんが、夏シーズンを終えた後の、シワやシミの発生率が全然違ったという声が数多くありました。

ヘリオケアなら成分が強い方が人気

ヘリオケアと言っても、複数の種類があります。
種類の中には、ヘリオケアカプセル、ヘリオケアウルトラ、ヘリオケアウルトラDカプセル、他にも、アメリカ版のアンチオキシダントもあります。

これらは、全て経口タイプの日焼け止めですが、他にも、ヘリオケアとして販売されている塗るタイプの日焼け止めも数種類あります。

まず、ヘリオケアカプセルとヘリオケアウルトラの違いは、日焼け止め効果をもたらすフェーンブロックという成分の配合量が違いです。
具体的には、前者が240mgで後者が480mgという配合量です。

成分の強さを求めるなら、ヘリオケアカプセルではなく、ヘリオケアウルトラが優れているという事になります。

また、成分が強い反面、副作用などが心配かもしれませんが、ヘリオケアの場合は、特にそうした問題は無く、今までに、報告なども無いという事で比較的安全性の高い成分だという事がわかります。

ただし、天然シダという植物由来成分によってアレルギー症状を引き起こす事もあるようなので、その場合は、体質に合わなかったという事になるので注意が必要です。

また、ヘリオケアの中で最上位製品となるのは、ヘリオケアウルトラDですが、これは、主要成分に加えてビタミンDを追加で配合しているものになります。

紫外線を除去すると、紫外線によって生成されるビタミンDも不足してしまうため、ヘリオケアウルトラオーラルと同じくフェーンブロックを480mg含有し、更にビタミンDも豊富に配合されているという事です。

実際に人気なのシリーズの中で全て兼ね備えているヘリオケアウルトラDのようです。

日焼け止めを飲むという事に抵抗があるのですが…

ヘリオケアの日焼け止めメカニズムは、従来の塗る日焼け止めとは異なり、紫外線をブロックするのではなく、紫外線によって生じ細胞を傷つけることで肌にダメージを与えてしまう、活性酵素を破壊することで、肌を守ってくれる働きがあります。

紫外線のダメージを受け流してくれるというイメージでしょうか。
また、このメカニズムで実際に日焼けが防げること、シミやシワの予防になる事、紫外線によって出来てしまった後のシミなどを改善できる期待が持てるとも言われています。

そんなすごい効果があると、副作用は伴わないでしょうか?

特に、日焼け止めクリームを飲むような印象を持っていると、そうした部分が気になると思いますが、副作用に関しては、さほど心配無いと思えます。

ヘリオケアの日焼け止め効果の要となっているのは、フェーンブロックという中央アメリカに生息する天然シダ植物成分由来です。植物だから安心という事では無いにしろ、副作用などの問題が無いか十分に確認されています。

また、2002年にスペインの製薬会社から販売されて以来、今まで副作用の報告も無く、売られ続けているようです。そうした実績を踏まえても、そこまで心配する必要は無いように思えます。

ごく稀にフェーンブロックと体に相性が悪いせいで、アレルギー症状が出てしまう人がいるくらいだそうです。

塗る必要も無ければ、その手間も無く、肌がベタベタする心配もありません。特に夏場は、汗もかくので肌の状態は悪くなりやすいし、不快感がつきまといます。その点、ヘリオケアなら副作用も無く、出かける前に一粒飲むだけで良いなんて、不快感も無いなで助かります。